毎日Take It easy〜ストレスフリーな生活を大切にするブログ〜

ストレスから解放されたい!そんな思いから何でも気楽に考えて行きていけたらなぁと思い日々を過ごしています。

ジャヌシルシャアーサナ〜頭を膝に近づけるポーズ〜

ゴールデンウィーク中に夜更かしが続いたせいか、朝起きるのが辛い。。。

そのせいでお昼寝をしてしまって、また夜更かししてしまうといった、連休モードの不眠症の緩和に効果的なヨガのポーズをご紹介します。

 

長座の姿勢から、上体を前に倒す前屈のポーズの「ジャヌシルシアーサナ」。

 

このヨガのポーズ・アーサナは、不眠症の緩和だけでなく、肝臓や腎臓を刺激して消化能力をアップする効果も期待できますよ。

 

また、高血圧や鼻炎の症状、更年期障害の症状を和らげる効果もあるのだとか。

 

そんな「ジャヌシルシアーサナ」の取り方は。。。

 

 

1.マットに座り、両脚を揃えて前に伸ばします。(この時、左右のお尻の骨・座骨と骨盤を安定させましょう。)

 

2.そうしたら、左脚の膝を曲げて、足の裏を右脚の内ももへ当てるようにします。(右足のかかとはグッと前に蹴り出すようにしましょう。)

 

3.鼻から息を吸いながら、両手を天井方向に挙げます。そして、今度は息を吐きながら、両手を足先の方向へ置きに行くようにし、上体を股関節から前屈します。

 

1〜3を5呼吸程度キープしたら、反対側の脚と入れ替えて行います。

 

 ☆ポイント☆

*3.で前屈する時は、伸ばした側の膝が曲がらないように意識しましょう。

 

*あごを軽く引いて、目線は膝もしくはすねあたりを見つめましょう。

 

*肩の力は抜いてリラックスして行いましょう。

 

*余裕のある場合は、両手で伸ばした足の裏を掴むようにしてもOKです。

 

*無理はしないで、ご自分の心地よい範囲で行いましょう。

 

 

このアーサナは、脚の裏側の筋肉・ハムストリングスを伸ばしたり、お尻を引き締める美容効果もあるので嬉しいですよね♪

 

不眠続きで頭がスッキリしないという時は、是非このアーサナを試してみてはいかがでしょうか?