毎日Take It easy〜ストレスフリーな生活を大切にするブログ〜

ストレスから解放されたい!そんな思いから何でも気楽に考えて行きていけたらなぁと思い日々を過ごしています。

カポタアーサナ〜鳩のポーズ〜

最近、なんだか胃腸の調子が良くなくて、お腹に優しい食べ物ばかり食べています。

 

体調が優れないときには、食べ物も大事ですが、やっぱりヨガがわたしには元気の源となります。

 

なので今日は、腹部内臓を刺激する「鳩のポーズ・カポタアーサナ」をヨガの時間に取り入れてみました。

 

このアーサナは、上体を後ろに反らして、首から太ももまでを気持ちよく伸ばすポーズです。

 

お腹が痛いとつい前かがみになって、姿勢も悪くなりがちなので、背筋を伸ばすのにも効果的ですよ。

 

 

 そんな「カポタアーサナ」の取り方は。。。

 

1.まず正座になり、背骨をスッと伸ばします。

次に左脚をまっすぐ後ろに伸ばし、右の膝を内側に曲げます。(右足の爪先とかかとは左側へむけましょう。)

 

2.左手で後ろに伸ばした左足首を掴みます。(この時、腰を反らすのではなく、胸を広げるように意識しましょう。)

 

3.右手も同じように左足首を掴みます。視線は斜め上天井方向を見つめ、この状態で5呼吸キープします。

 

☆ポイント☆

*骨盤は下方向に意識を向けましょう。

 

*左足の甲は後ろ側へ押すようにし、背中から引き離すイメージをしてみましょう。

 

*腰痛がある場合は、無理はしないように気を付けましょう。

 

 

このカポタアーサナは、腹部内臓を刺激し、特に消化器系や呼吸器系に効果があるといわれています。

 

また、太ももや股関節、お腹周りの筋肉を伸ばすことができるので、凝り固まったところをほぐすのにもいいですよ。

 

これから梅雨の季節に入りますが、ヨガで心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうかか。